薬剤師調査MMPR

Report : デキる管理薬剤師ラボ

掲載日:2017/07/25

必見!知らなきゃ損するMR活用術-第14回-

必見!知らなきゃ損するMR活用術


第14回 絶対得する「新人」薬剤師のためのMR活用法


4月に入社した新人薬剤師さんは、少しずつゲンバの業務に慣れてきた頃ではないでしょうか?

今回のテーマは「新人」にしぼってMR対応をお伝えします。多くの薬局でMRの対応は管理薬剤師になっているかもしれませんね。

しかし、私は新人薬剤師こそMRと接点をもってほしいと思っています。その理由を書いていきますね。


1、まだ知らない医師の情報を知ることができる


薬局内の業務に慣れてきた新人薬剤師にとって、次に必要なことは外に目を向けることです。

これからの地域医療を担う薬剤師になるためには、多職種連携は必須です。

そうは言いながら、多くの新人薬剤師は医師と会話することに抵抗感を抱いてはいませんか?

「一体何を話していいのかわからない。」

そんな戸惑いの声をよく聞くことがあります。

なぜ、医師との会話に苦手意識が生まれるのでしょうか?その理由の一つに「医師に対する情報が圧倒的に少ない」ことがあげられます。

MRは日頃から多くの医師に会ってリレーションをとっています。

ですから、ぜひ主な処方せんを受けている医師のことを、MRに聞いてみてください。

きっと知らない医師の横顔に気付くことができるでしょう。


2、質問力が磨かれる


MRが薬局に訪問してきた時ぜひとも心がけてほしいのは、薬に関する普段気になっている疑問を1つでも質問することです。特に新人と呼ばれる1年間は特に意識するべきです。

なぜならば、新人と呼ばれる1年間は「無敵の質問タイム」だからです。

新人だから何を話してもよいというわけではないと思いますが、多くの方は多少ぶっとんだ質問でも「新人だから…」という理由で大目に見てくれるはずです。

(少なからず私はそう思います。しかしこれが数年働いた薬剤師だと反応は全然違います)だからどんどん質問しましょう。

日頃の業務から「質問力」を磨くことは、必ずあなたの将来を助けてくれる大きなスキルに変わります。


3、業務の振り返りになる


最後に、MRとの会話が盛り上がる簡単な方法をお伝えします。

それは「実際の患者ベースの話をすること」です。

薬局に訪れるMRは、自社の薬がエンドユーザーの患者さんにどのように届けられているかにとても関心があります。(薬の納入実績だけを追い求めてるMRは絡まないほうがいいです)ぜひ、MRと会話するときに実際の患者ベースで話をしてみてください。

「そういえば、この薬は切り替えになって患者も検査値が下がって喜んでましたよ。」

このように患者ベースで話すことは、薬剤師にとっても日頃の振り返りになります。

なぜなら、忙しい日々の中で薬歴を書いてしまったら最後、その患者さんのことは次の来局までおざなりになってしまうことがままあるからです。

MRと話をすることで、改めて業務を顧みる良い機会にもなるのです。

いかがでしょうか? 

いつもは管理薬剤師がMRの対応をしているかもしれませんが、「たまには私に対応させてください!!」と是非とも多くのMRと接していきましょう。

まだまだ、多くのことを吸収できる段階の新人の立場こそ、MRは情報の宝庫なのです。





・第14回 絶対得する「新人」薬剤師のためのMR活用法(上述)

第13回 MRのプレゼンテーション力は才能だけではない理由

第12回 MRが担当交代したら確認するべき3つのコト

第11回 MRにゲンバで使いやすい患者指導せんを希望してますか?

第10回 薬剤師の皆さま!「医療者目線のMR活動」を感じていますか?

第9回 薬剤師の「質問力」がMRを育てる理由

第8回 MRとはこんなテーマが協働しやすい

第7回 薬剤師の皆様「OPD」ってご存知ですか?

第6回 MRの「情報力」は打ち出の小槌

第5回 デキルMRは◯◯な行動をしている!!(デキルMRシリーズ後編)

第4回 デキルMRは○○が早い!!(デキルMRシリーズ前編)

第3回 2つのポイントで差が出るMRの説明会とは?

第2回 信頼できるMRを見つけるコツ教えます

第1回 MRから30歳新人薬剤師デビュー


加納 裕介(MRファーマシスト)

 プロフィール

 2002年 大阪薬科大学卒

 三共株式会社入社(現第一三共株式会社)MRとして勤務

 2010年 いちえ薬局 管理薬剤師

 2015年 株式会社ケイファーマ 代表取締役就任

 現在は薬局経営とともに

 WEB事業、執筆活動も取り組む。

 全国のMR経験薬剤師が作る転職応援サイト

 MRファーマシストを運営中

 リンクはこちら

 コーポレートサイト: http://k-pharma.co.jp/

 MRファーマシスト: http://k-pharma.co.jp/mr-pharmacist/


アンケートモニタのご登録は こちら よりお願い致します。