薬剤師調査MMPR

Report : デキる管理薬剤師ラボ

掲載日:2016/09/28

必見!知らなきゃ損するMR活用術-第4回-

必見!知らなきゃ損するMR活用術


     第4回 デキルMRは○○が早い!!(デキルMRシリーズ前編)


今回は、日常の「MRの行動」にフォーカスを当てたいと思います。

この話はとても重要なので、前編・後編の2回に分けて紹介していきます。


デキルMRは○○が早い!!

この「○○」には、何が当てはまると思いますか?考えてみてください。


例えば、「医薬品情報のフィードバック」「患者指導せんの依頼対応」「研究会の案内」。

他にも「製品回収等に関するお詫び」「まとめて薬を買った御礼」など。色々ありますね。

いかがですか。何か頭に思い浮かびましたか?


実は浮かんだその内容、すべて正解なのです!!

デキルMRは、「レスポンスが早い」のです。


私がMRだった時、懇意にしているDrからこんなエピソードを聞きました。


「新規開業をしてまもなく、患者もほとんど来ないような日々。

各製薬会社宛てに患者指導せんが欲しいと、一斉にFAXで依頼してみた。

それだけで各社さまざまな対応があって、今後の付き合い方がわかったね。

信頼できるMRは最高でも3人いれば十分なんだよ。」


そうです。Drは各MRのレスポンスをみていたのは言うまでもありません。

その話を聞いて、私も身が引き締まる思いをしたものです。


今の時代、いつ・どこにいても電話やメールなどで何かしら連絡がとれるようになりました。

優先順位を見極めてどう対応するかで、MRとしての資質が見えてきます。

もちろんこれはMRだけに限りません。私が出会ってきた仕事がデキル方は、圧倒的に「レスポンスが早い」のです。

なぜなら、デキル人間は素早いレスポンスが「相手を尊重していること」を具現化した行動だ、ということを知っているからなのです。


そして少しずつあなたとの接点を増やしていった結果、デキルMRはあなたの「顕在ニーズ」「潜在ニーズ」を探り当てます。

これが真のデキルMRです。

顕在ニーズ とは、あなたが今「知りたいな」と求めているもののことです。

例えば、薬の情報や講演会情報など、具体的にこれが知りたい!とはっきりしているものが顕在ニーズです。

潜在ニーズ とは、あなた自身が今は必要としていない、もしくは必要性に気づいていなくても、

今後必要になる可能性のあるニーズのことです。


本当にデキルMRは、この「潜在ニーズ」を掘り起こすことがとても上手なのです。

何気ない対話の中から、あなたの中に眠っている課題を上手に引き出して提案してくれるのです。

そんなMRが、あなたの担当にいたらどうですか? 

「そういう情報を待っていたんだよ!」

「あの時の情報が、今になってとっても役に立ったよ!」

まるでサプライズプレゼントのような潜在ニーズの提案をしてくれるMRは、最も信頼のおける医療パートナーだと思いませんか。


後編では、「MRの行動」についてより深く考えていきたいと思います。

また次回もお会いしましょう。


「必見!知らなきゃ損するMR活用術」バックナンバーはこちらから

・第4回 デキルMRは○○が早い!!(デキルMRシリーズ前編)


加納 裕介(MRファーマシスト)

 プロフィール

 2002年 大阪薬科大学卒

 三共株式会社入社(現第一三共株式会社)MRとして勤務

 2010年 いちえ薬局 管理薬剤師

 2015年 株式会社ケイファーマ 代表取締役就任

 現在は薬局経営とともに

 WEB事業、執筆活動も取り組む。

 全国のMR経験薬剤師が作る転職応援サイト

 MRファーマシストを運営中

 リンクはこちら

 コーポレートサイト: http://k-pharma.co.jp/

 MRファーマシスト: http://k-pharma.co.jp/mr-pharmacist/


アンケートモニタのご登録は こちら よりお願い致します。