薬剤師調査MMPR

Report : 薬剤師3分トピックス

掲載日:2019/11/21

imadoki女子薬コラムvol.38「幼い日の記憶」


私 薬剤師 紗耶華が実践していること、気になったこと、オススメしたいこと、

また私が感じていることなどを写真と共にお届けします。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

今回は、幼い日の記憶について。

先日、娘を出産してから初めて誕生日を迎え、私はまた一つ年を重ねました。

娘を抱いていると、今まですっかり忘れていた幼い日の記憶が不思議とよみがえってくることがあります。

私は「仕事ばっかりのママは嫌だ!」と、今まで何度も母を困らせてきました。

そんなことを口にしても、働いている母が「嫌い」だった訳ではありません。

寂しかった時もありましたが、それ以上に嬉しいこと幸せなことがたくさんありました。

なので、母のことはずっと大好きだし尊敬もしています。

ただ「いつも仕事ばっかり」が、私の中の【ママ】なのです。

しかし、娘が産まれたことで、私の中での母のイメージが不思議と変わってきました。

私の足にまとわりつく娘。

私に飛び付く娘。

私に寄りかかりながら、楽しそうにしている娘。

私を見つけるだけでパッと笑顔になる娘。

「あっ、私もこうだった」

「ママにこんな風にくっついているだけで、ママの香りを嗅いだだけですごく幸せだったな」とか…

すっかり忘れていた幼い日々の記憶が鮮明によみがえってきたのです。

「ママは爪切りが下手で、毎回深爪になっちゃうから、パパにお願いしていたな」とか、そんなことまで思い出しました。

いつまで覚えていたのか、いつ忘れてしまったのかもわからないのに…。

仕事で大変だったはずなのに、私との時間もちゃんととってくれていた母。

「私、大切に育ててもらったな」と、今さらながら再確認。

忘れていたはずの記憶が、私の心をあたためてくれる。そんな今日この頃です。


写真は幼い時の私と母。


アンケートモニタのご登録は こちら よりお願い致します。

【調査結果へのリンク・結果の引用・転載について】本調査へのリンクはフリーですので、薬剤師の方にぜひご紹介ください。
なお、データを転載・引用する場合は、薬剤師調査MMPRの調査であることを明記してください。