薬剤師調査MMPR

Report : 薬剤師3分トピックス

掲載日:2019/04/26

imadoki女子薬コラムvol.35「液体ミルク」


私 薬剤師 紗耶華が実践していること、気になったこと、オススメしたいこと、

また私が感じていることなどを写真と共にお届けします。

液体ミルクを買ってみた!!

3月に発売になった液体ミルクを買ってみました。

今回は使用方法と、使ってみた感想をお伝えします。

国内で一番初めに発売された液体ミルクは江崎グリコのアイクレオ赤ちゃんミルク。

紙パックになっており、1パック125ml入りです。

よく振ってから、付属のストロー(ちょっと不思議な形状)をさして哺乳瓶にそそぐだけ。

以上!

なんて楽なの…。

あえて気を付ける点をあげるとしたら、ストローを正しい位置までさすこと。

適当にさすと、そそぐ時に漏れる場合もあるので注意。

ただね、

1パック125ml

私にとっては正直、微妙…

月齢によって1パック125mlでは多い、または足りない。という方、多いのではないかしら?

1パック125mlでは足りないけれど、2パック250mlも飲めない。

出来れば、60mlと120mlの2サイズあるとカナリ助かるのに。

と、思ったのが正直な感想。

だってね、この液体ミルク、高いのよ!!!!!!!

1パック200円はするの。

液体ミルクは缶で売っている粉ミルクの約4~5倍の値段なのね。

だから、少しでも無駄にはしたくないというのが本音。

4月下旬には明治ほほえみらくらくミルクが発売予定。

こちらは缶で240ml入り。

価格設定は江崎グリコのミルクよりも安いようです。

この原稿を書いている時点ではまだ発売されていませんが、すでに予約済み。

常温で飲める液体ミルク、拒絶する子もいるようですが、

我が子は問題なく飲めました。

今は使い捨て哺乳瓶も販売されていますが、こちらは残念。

我が子には合わず、うまくミルクを飲むことが出来ませんでした。

便利になっていく育児。

液体ミルクに反対の方が「育児で楽をしようと思うな」とネットに書き込みをしていました。

少しでも楽をしたい。

気持ちに余裕が出来れば、その分、我が子と一緒に楽しい時間を過ごせる。

楽をしたいと思うことは、悪いことなのでしょうか?

私は、液体ミルク賛成!

値段を考えると、毎回液体ミルクを飲まることは出来ないので、

お出かけの時に利用したいと思っています。





アンケートモニタのご登録は こちら よりお願い致します。

【調査結果へのリンク・結果の引用・転載について】本調査へのリンクはフリーですので、薬剤師の方にぜひご紹介ください。
なお、データを転載・引用する場合は、薬剤師調査MMPRの調査であることを明記してください。