薬剤師調査MMPR

Report : 薬剤師3分トピックス

掲載日:2018/12/03

〔特集〕地域医療の貢献に向けての取り組み





 2018年度調剤報酬改定(以下、改定)では「地域支援体制加算」「服用薬剤調整支援料」などが新設され、各薬局では地域医療の貢献に向けた取り組みがされています。本号では地域医療の貢献に向けた取り組み事例を共有し、かかりつけ薬剤師・薬局の機能強化に向けた改善の機会を提供します。



 かかりつけ薬剤師・薬局機能の現状について、前回の調剤報酬改定(2016年4月)で新設された「かかりつけ薬剤師指導料」と、今回の改定で新設の「地域支援体制加算」の届出状況(地方厚生局の「施設基準の届出受理状況[1~8]」)から確認します。地域支援体制加算は、かかりつけ薬剤師が機能を発揮し、地域包括ケアシステムの中で地域医療に貢献する薬局を評価する項目です。図1~2は、「かかりつけ薬剤師指導料及びかかりつけ薬剤師包括管理料(以下、かかりつけ薬剤師指導料)」「地域支援体制加算」の月別届出率(改定後の2018年4月1日~2018年7月末日)です。届出率は各月の総届出薬局数で除して算出しています。
 かかりつけ薬剤師指導料は新設された2016年4月当初は41.9%でしたが、図1のとおり現在は全国薬局の5割強が届出し、ほぼ同率ながらも毎月僅かに増加しています。実際の算定状況は別として、施設基準の機能面で対応できている薬局が増えています。図2に示す地域支援体制加算は、現在、全国薬局の3割弱が届出しており、こちらも毎月僅かに増加しています。なお、調剤基本料1の届出薬局は、地域支援体制加算の「地域医療に貢献する体制を有することを示す実績」が要件となりません。しかし、前号のアンケート結果では、約4割の方は「地域医療に貢献する体制(8項目の実績など)に関する取組」が増えたと回答されており、取り組まれている薬局も多いようです。一方で、8項目の実績の中で「服薬情報等提供料」「外来服薬支援料」「服用薬剤調整支援料」の算定回数が少なく、課題を感じている方も多いのではないでしょうか。





 課題を解決する方法は様々ですが、「三人よれば文殊の知恵」という諺があるように、一人で考えるよりも複数人で考えた方がより良い考えを思いつく可能性が高まります。他者の取り組み事例に学ぶため、株式会社ネグジット総研(本社・兵庫県神戸市)では、アンケート調査(以下、本調査)を実施しました(図3)。対象は、保険薬局に勤務されている全国の管理者(管理薬剤師含む)138名です。



 図4は、「地域の処方せん獲得、広域処方せん獲得」と、8項目の実績の中から「服薬情報等提供料」「外来服薬支援料」「服用薬剤調整支援料」の取組の手応えを調査した結果です。「地域の処方せん獲得、広域処方せん獲得」の取組では、回答者の周囲含め「大きな成果、手応えを感じた事例がある」(4%)、「多少の成果、手応えを感じた事例がある」(38%)と何らかの成果、手応えを感じている割合が約4割で、調査項目の中では最も高い割合でした。一方で、「服用薬剤調整支援料の算定」に関する取組では、「大きな成果、手応えを感じた事例がある」(1%)、「多少の成果、手応えを感じた事例がある」(17%)、と、成果、手応えを感じた事例が少ない傾向でした。





 前述の成果を感じられた事例について、自由回答で改善前と改善後の状況を聞きました。表1~表4にその抜粋を掲載します。なお、文章の意図を変えない範囲で、誤植等を修正しています

 「地域の処方せん獲得、広域処方せん獲得」の取組事例では、自薬局を認知してもらう工夫が多くありました(表1)。そもそもの信頼関係づくりや患者サービスの向上に加え、いかに知ってもらうかが重要なようです。


 
 「服薬情報等提供料の算定」の取組事例では、フォーマットの作成、事前に文書での説明、薬歴の活用などの工夫がありました(表2)。



 「外来服薬支援料の算定」の取組事例では、阻害要因や必要性の確認、薬の管理困難な状況を一包化で対応、多職種へのPRなどの工夫がありました(表3)。



 「服用薬剤調整支援料の算定」の取組事例では、医療機関と連携して個別の対応、減った薬の費用説明、他の取組の背景確認などの工夫がありましたが、成果を感じられた事例がまだ少ない状況です(表4)。



 今号では、地域医療に貢献する体制のために実際の店舗での取り組み事例を確認してきましたが、自社(自店)と比較していかがだったでしょうか? 他者の取組をみることで「出来ていること、出来ていないこと」の確認ができ、課題も顕在化します。取り組み事例にない課題をお持ちの方もいると思います。ぜひ、感じたことをスタッフ間で話合い「三人よれば文殊の知恵」のきっかけになれば幸いです。

参考文献:
[1]施設基準の届出受理状況 北海道厚生局  [2]施設基準の届出受理状況 東北厚生局  [3]施設基準の届出受理状況 関東信越厚生局  [4]施設基準の届出受理状況 東海北陸厚生局  [5]施設基準の届出受理状況 近畿厚生局  [6]施設基準の届出受理状況 中国四国厚生局  [7]施設基準の届出受理状況 四国厚生局 [8]施設基準の届出受理状況 九州厚生局
 ※ [1~8]は、2018年9月10日までに公開されたデータ


アンケートモニタのご登録は こちら よりお願い致します。

【調査結果へのリンク・結果の引用・転載について】本調査へのリンクはフリーですので、薬剤師の方にぜひご紹介ください。
なお、データを転載・引用する場合は、薬剤師調査MMPRの調査であることを明記してください。