薬剤師調査MMPR

Report : 薬剤師3分トピックス

掲載日:2018/05/14

imadoki女子薬コラムvol.25「マダニ対策」


私 薬剤師 紗耶華が実践していること、気になったこと、オススメしたいこと、

また私が感じていることなどを写真と共にお届けします。

みなさまの日常のプラスになれば幸いです。どうぞ皆様、お付き合いくださいませ。


- vol.25 マダニ対策 -


今回は春から秋にかけて活動が活発になるマダニについてです。

愛犬家の私は春になると予防接種のために獣医さんに行きます。

そこで必ず目にするのがマダニのポップ。

数年前には薬剤師国家試験にもマダニに関する問題が出ていましたよね。

マダニの寿命は3~5年。

生涯で吸血するのは、3回。

1回の吸血は10日程といわれています。

吸血前は約2~3mm程のマダニですが、最大限に血を吸った状態では1~2cm程になるそうです。

なので「ホクロが動いた」といって病院を受診する方もいるとか。

マダニの被害にあわない為には、草むらに入る際に、皮膚の露出を避けること。

長ズボンや長袖を着用しましょう。

最近では、マダニ対策の虫よけ剤も発売されていますので、使用方法をしっかり守って適切に使用するとよいでしょう。

そして、アウトドアやお散歩から帰宅した際には、マダニがついていないか、身体をチェックすることもお忘れなく。

もし身体にマダニを発見した際は、無理に取るのではなく(引っ張ってとるとマダニの口が残り、炎症を起こす事があるので)病院(皮膚科)を受診するようにお伝えしましょう。

たくさんのお花と緑に囲まれる色鮮やかな季節。

アウトドアに出かける機会も多くなる時期です。

適切な対策のもと、楽しい思い出を作っていただきたいものです。

写真は春を感じるチューリップとつくし。

マダニ予防薬でしっかり予防して、外で元気に走り回る愛犬です。





アンケートモニタのご登録は こちら よりお願い致します。

【調査結果へのリンク・結果の引用・転載について】本調査へのリンクはフリーですので、薬剤師の方にぜひご紹介ください。
なお、データを転載・引用する場合は、薬剤師調査MMPRの調査であることを明記してください。