薬剤師調査MMPR

Report : 薬剤師3分トピックス

掲載日:2018/03/14

imadoki女子薬コラムvol.23「花粉症」


私 薬剤師 紗耶華が実践していること、気になったこと、オススメしたいこと、

また私が感じていることなどを写真と共にお届けします。

みなさまの日常のプラスになれば幸いです。どうぞ皆様、お付き合いくださいませ。


- vol.23 花粉症 -


寒い冬が終わり、春の訪れを近くに感じると始まる花粉症。

「花粉症の方は症状が出る前から抗アレルギー薬を服用し始めた方が良いですよ」と患者さんには伝えているものの、

「今年は大丈夫かも?」と油断して、毎年花粉症に悩まされる私。

ラーメンや温かい物を食べた時に鼻水が出る人は、副交感神経の過緊張状態になりやすい方と考えらます。

鼻腺にヒスタミンの受容体はないため、副交感神経抑制作用を強く持っているクロルフェニラミンマレイン酸塩などの第一世代の抗ヒスタミン薬の方か効果が高いといわれていますが、眠気や口渇などの副作用から避けられることが多いのも事実。

でも、寝る前にだけ第一世代の抗ヒスタミン薬を使ってみるという方法もあるのかな。

私はまさに、ラーメンを食べると鼻水が出るタイプ。きっと第一世代の抗ヒスタミン薬が良く効くはず。

しかし、クロルフェニラミンマレイン酸塩にアレルギーを持っているので、クロルフェニラミンマレイン酸塩を

飲むと全身に蕁麻疹が出てしまいます。

なんてこった…。

(実はこの成分にアレルギーだとわかるまではずいぶんと時間がかかりました。)

薬についてだけではなく、店頭では「日中部屋に舞っている花粉やハウスダストは、私たちが寝ている間に床に

落ちるので、掃除を行うタイミングは朝一番がベストですよ。」というアドバイスをしていても、

私自身は、朝がとても弱いので起きてからはいつもバタバタ。

もちろん朝から掃除を行う余裕なんてなぁーい!!

花粉症の方は症状が出る前から対策を!!

鼻水には第一世代の抗ヒスタミン薬が良く効きますよ。

掃除は朝一番で行うのがベストです。

わかってはいるが…

行動力に欠ける私でした。





アンケートモニタのご登録は こちら よりお願い致します。

【調査結果へのリンク・結果の引用・転載について】本調査へのリンクはフリーですので、薬剤師の方にぜひご紹介ください。
なお、データを転載・引用する場合は、薬剤師調査MMPRの調査であることを明記してください。