薬剤師調査MMPR

Report : 薬剤師3分トピックス

掲載日:2017/12/18

imadoki女子薬コラムvol.20「AED」


私 薬剤師 紗耶華が実践していること、気になったこと、オススメしたいこと、
また私が感じていることなどを写真と共にお届けします。
みなさまの日常のプラスになれば幸いです。どうぞ皆様、お付き合いくださいませ。

- vol.20 AED -


先日、胸骨圧迫(心臓マッサージ)とAEDの使用方法について講習を受けてきました。

今回はその講習で教わったことについてです。


日本では、1年間で約7万人の方が心臓突然死で命を失っています。

1日に計算すると1日約200人。

これは7.5分に1人が心臓突然死で亡くなっていることになります。

心臓突然死の7~8割は心室細動などの致死性不整脈が原因であるといわれており、突然倒れた時、周りがすぐに行動を起こせば、多くの命を救えることがわかっています。

日本は、AEDの普及率が世界トップクラス。

私たちはとても恵まれた環境にあるにも関わらず、AEDの使用率は決して高くはありません。

意識して見ていると街中や駅、空港などでよく目にするAEDですが、なんとなく通り過ぎていると、どこにAEDがあるのかわからず、必要なときに使えないことになってしまいます。日頃から意識的にAEDの場所を確認することが大切です。

そして、あなたの目の前で、もし突然人が倒れたら…

すぐに駆け寄って声をかけ、必要に応じて胸骨圧迫、AEDを使用することが出来ますか?

やっていいのか、使っていいのかわからなかったら、まずはやってみる!

その一歩を踏み出すためには事前に胸骨圧迫、AEDについて体験しておくことがとても大切だと感じました。

今回、教えてもらい私が「おぉ~!!」と思ったのは、胸骨圧迫を行うスピードが「アンパンマンマーチ」のリズムということ。

「そうだ!嬉しいんだ生きる喜び。たとえ胸の傷が痛んでも・・・」のリズムを繰り返すと良いそうです。

ただし、アンパンマンは自己犠牲の精神。

実際の人命救助に自己犠牲は絶対NG!!

まずは自分自身の安全確認を最優先にしてください。とのことでした。

私もこれからは、助かるべき人を助けることが出来る人を増やすことに協力できたらいいな。と、思いながら家族にAEDの場所、講習で教わったことを話ました。

だって、私に何かあったとき行動して助けてもらわないと困るもん!





アンケートモニタのご登録は こちら よりお願い致します。

【調査結果へのリンク・結果の引用・転載について】本調査へのリンクはフリーですので、薬剤師の方にぜひご紹介ください。
なお、データを転載・引用する場合は、薬剤師調査MMPRの調査であることを明記してください。