薬剤師調査MMPR

Report : 薬剤師3分トピックス

掲載日:2017/08/10

imadoki女子薬コラムvol.16「乳がん検診」


私 薬剤師 紗耶華が実践していること、気になったこと、オススメしたいこと、
また私が感じていることなどを写真と共にお届けします。
みなさまの日常のプラスになれば幸いです。どうぞ皆様、お付き合いくださいませ。

- vol.16 日曜日に乳がん検診を受けられる日 -


まだ8月ですが…

10月は乳がん月間!!

それに伴い、全国の施設で『日曜日でも乳がん検査を受けられる日』として、「多忙な平日を過ごしている女性に日曜日に検査を受けてもらおう」という呼びかけがあり、今年は10月15日(日)がその日にあたります。

早めに声をかけることでスケジュールが組みやすいと思うので、是非店頭で声をかけてみませんか?

(全国の検査施設はホームページhttp://jms-pinkribbon.com/をご確認ください。)

現在、日本ではマンモグラフィと視触診などとの併用による乳癌検診が、40歳以上の女性を対象に隔年実施されています。

偽陽性の問題や身体への負担などを考慮して40代未満の女性は推進していません。

しかし、若くても家族性・遺伝性乳がんの可能性がある方は定期的に健診を行った方が良いでしょう。

私は、薬剤師として検診には行けなくても若いうちから毎月行うセルフチェックの重要性を多くの方に伝えていきたいと思っていますし、私自身も毎月ちゃんとセルフチェックを行っています。

月経後、4~7日後。閉経をむかえている方は毎月日にちを決めて、月に1度、自身の胸と向き合ってみましょう。

乳がんを発症する年代の女性は仕事や家事、介護など、きっと毎日がアッという間に過ぎていくのだと思います。

しかし、そんな時でもちょっと立ち止まってセルフチェックを行ってくれたら嬉しいな。という思いを込めて…

写真は私の働く薬局で配布しているセルフチェックの行い方と、店頭に貼ってある10月15日のポスターです。





アンケートモニタのご登録は こちら よりお願い致します。

【調査結果へのリンク・結果の引用・転載について】本調査へのリンクはフリーですので、薬剤師の方にぜひご紹介ください。
なお、データを転載・引用する場合は、薬剤師調査MMPRの調査であることを明記してください。