薬剤師調査MMPR

Report : 薬剤師3分トピックス

掲載日:2015/11/20

イマドキ女子薬剤師事情~「睡眠について」

朝、お布団から出るのがつらい、寒い季節がやってきました。

今回は睡眠に関するアンケートです。

イマドキ女子「睡眠に関するアンケート」

就寝時間は24時(21.8%)、23時(21.3%)、1時(16.3%)が多く、朝は6時(43.5%)、7時(37.3%)、5時(10.5%)に起きている方が多いようです。

「何時間寝れば良い」という、睡眠時間に回答はありません。1日3時間しか寝ていなくても生活に支障を生じない方もいれば、8時間は寝ないと生活に支障をきたす方もいますし、もっと睡眠時間が必要な方もいるかもしれません。

朝は5~7時に起床している方が多いことからも、長い睡眠時間を必要としている人は、早めに寝ることで、自分に合った睡眠時間を確保しているようです。私自身はロングスリーパーなので、一日中でも眠っていたいタイプで「もっと寝たい」と考えていることが多いのですが、今回のアンケートでは34.5%の方が「今の睡眠に満足している」と回答しています。

「患者さんから不眠など睡眠障害について相談されたことがある」と回答した方は87.0%。睡眠について悩んでいる方、困っている方はとても多いのかもしれません。不眠を訴えてくる方の事情はさまざまですが、不眠の原因が、痛みや痒みによる場合もありますので、眠れない原因を確認することが大切です。「お昼寝のし過ぎで夜眠れない」と訴えてくる方もいますよね。

質の良い睡眠を得るために、皆さんが重要だと考えているのは、「布団、枕等の寝具」「就寝場所の音」「就寝場所の温度や湿度」のようです。

寝る前に、テレビやパソコン、携帯電話の画面を見ていると睡眠の質が下がり、寝つきが悪くなるといわれていますが、最近では、画面を暗い光に設定し、目からある程度の距離を置いて使用すれば、睡眠に影響はない。といわれるようにもなってきました。しかし、私は、寝る直前まで画面に釘付けになっているより、布団に入り、目を閉じ楽しいことを思い浮かべながら眠った方が質の良い睡眠が得られるように感じています。

寝る直前の入浴は交換神経を興奮させてしまいますので、入浴は寝る1時間前に済ませるようにすると良いかもしれません。

眠るのに最適な温度は季節で変わり、夏は25~27度。冬は14~20度といわれています。空調を上手に利用し、また香りや照明で自身の眠りやすい環境づくりを心がけることも良いかもしれませんね。

◆・◆・◆・◆・◆

「薬剤師3分トピックス イマドキ女子薬剤師事情」に関する関連資料

イマドキ女子薬剤師事情~「スキンケアについての調査 」 (第2回)
イマドキ女子薬剤師事情~「スキンケアについての調査 」 (第3回)
・イマドキ女子薬剤師事情~「睡眠について」(上述)

アンケートモニタのご登録は こちら よりお願い致します。

【調査結果へのリンク・結果の引用・転載について】本調査へのリンクはフリーですので、薬剤師の方にぜひご紹介ください。
なお、データを転載・引用する場合は、薬剤師調査MMPRの調査であることを明記してください。