薬剤師調査MMPR

Report : 薬剤師3分トピックス

掲載日:2014/07/02

2014年7月、「薬局」の薬剤師の仕事は?

トピックス

2014年7月に、薬局勤務の薬剤師の仕事は、
  • お薬手帳の持参を啓発、ジェネリックの変更推進
  • 医薬品管理・在庫管理、後発医薬品採用・見直し 、不動在庫の整理、棚卸に向けての在庫整理
  • 季節性のある仕事では、「熱中症の注意喚起、予防」 など


薬剤師調査MMPRの調査結果から色々なトピックスをご紹介!
今回は保険薬局に勤務する薬剤師に実施した「2014年7月の仕事(業務)」についてご紹介致します。

調査概要

調査方法  :インターネット調査
調査対象  :薬剤師調査MMPR会員(薬剤師)
有効回答数 :129サンプル
調査期間  :2014年6月3日から6月20日

調査結果

患者さんへの取組と管理業務で、2014年7月に実施する業務(予定している業務)について自由記述のアンケートを実施しました。

自由記述の結果から頻出するキーワード(単語)を抽出すると、

患者さんへの取組で、「お薬手帳の持参を啓発」「ジェネリックの変更推進」 など
管理業務で、「在庫管理・整理」「ジェネリックの変更推進」 「熱中症の注意喚起、予防」

などの回答が多くありました(図1、図2参照)。

実際の回答内容としては、患者さんへの取組で、
  • お薬手帳に様々な生活面での情報を提供すること
  • 新しく出るジェネリックの推進
  • お薬手帳の持参率をあげるためのツール作成
  • 後発医薬品の変更意思確認
  • 年配の方へ熱中症の注意喚起、熱中症予防のための具体的対策の提案 
  • 熱中症予防に水分補給の徹底
  • ディオバン、プレミネントのジェネリックの紹介
  • 体調変化、服用嚥下に関する事例確認
  • 電子薬歴をタブレット端末に変更し、患者に薬の使い方など画面で説明する

管理業務では、
  • 後発医薬品採用により、回転数が低下した先発医薬品の発注点の見直し
  • 採用医薬品の拡大の検討(新薬・ジェネリックなど)
  • 棚卸で在庫量が増える可能性があるため、適正在庫に注意する
  • 在庫管理システムの構築、自動発注の検討 
  • 要指導医薬品や第一類医薬品の管理と販売記録作成方法の確認 
  • 要指導医薬品の販売手法の検討
  • 薬棚の整理整頓、薬効分類順の徹底
  • 長期来院されていない方の薬の管理
などの回答が有りました。


以下は、参考の図です。図1、2 薬局勤務の薬剤師の「患者さんへの取組」、「管理業務」
薬局勤務の薬剤師の「患者さんへの取組」薬局勤務の薬剤師の「管理業務」

アンケートモニタのご登録は こちら よりお願い致します。

【調査結果へのリンク・結果の引用・転載について】本調査へのリンクはフリーですので、薬剤師の方にぜひご紹介ください。
なお、データを転載・引用する場合は、薬剤師調査MMPRの調査であることを明記してください。