薬剤師調査MMPR

Report : 薬剤師3分トピックス

掲載日:2014/05/22

2014年5月、「薬局」の薬剤師の仕事は?

トピックス

2014年5月に、薬局勤務の薬剤師の仕事は、
  • お薬手帳の持参を啓発、ジェネリックの変更
  • 在庫管理、研修の充実 など


薬剤師調査MMPRの調査結果から色々なトピックスをご紹介!
今回は保険薬局に勤務する薬剤師に実施した「2014年5月の仕事(業務)」についてご紹介致します。

調査概要

調査方法  :インターネット調査
調査対象  :薬剤師調査MMPR会員(薬剤師)
有効回答数 :116サンプル
調査期間  :2014年4月1日から4月20日

調査結果

患者さんへの取組と管理業務で、2014年4月に実施する業務(予定している業務)について自由記述のアンケートを実施しました。

自由記述の結果から頻出するキーワード(単語)を抽出すると、

患者さんへの取組で、「お薬手帳の持参を啓発」「ジェネリックの変更」 など
管理業務で、「在庫整理・在庫管理」「研修の充実」「ジェネリック医薬品、変更・確認」

などの回答が多くありました(図1、図2参照)。

実際の回答内容としては、患者さんへの取組で、
  • 改定内容の説明と残薬、ジェネリック、手帳の啓発
  • 併用薬の再チェック(特に抗コリンと緑内障)
  • 手帳に残薬確認の項目をつくる
  • 水虫の患者さんに生活の注意をお話
  • 指導箋を積極配布
  • 薬局内に設置してある血圧計の使い方指導
  • ジェネリック医薬品の希望について確認のため再度聞き取り。要望があれば、順次変更。

管理業務では、
  • 広域病院処方箋獲得に向けて、ポスター作り
  • 後発品の採用薬品の検討
  • 研修計画書作成
  • デッド返品、他店舗へ引き取り依頼
  • 薬品収納法の変更
  • 手帳を忘れた人の数の管理、
  • 在宅業務のスキルアップ(バイタルサイン)
  • 研修ツールの整理整頓
  • 法令改正後一ヶ月後状況のまとめ作成(お薬手帳算定率の把握と後発医薬品使用率把握など)
などの回答が有りました。

4月の仕事に関連する資料として弊社サイトでは、診療報酬改定の情報、部下のタイプに応じた働きかけなど、「デキる管理薬剤師ラボ」でもご紹介しております。ぜひ、ご覧ください。また、「お薬手帳の啓発トーク集」をMyアンケートページ(会員限定)で、募集・共有をしております。


以下は、参考の図です。図1、2 薬局勤務の薬剤師の「患者さんへの取組」、「管理業務」
薬局勤務の薬剤師の「患者さんへの取組」
薬局勤務 管理業務

アンケートモニタのご登録は こちら よりお願い致します。

【調査結果へのリンク・結果の引用・転載について】本調査へのリンクはフリーですので、薬剤師の方にぜひご紹介ください。
なお、データを転載・引用する場合は、薬剤師調査MMPRの調査であることを明記してください。