薬剤師調査MMPR

Report : 薬剤師3分トピックス

掲載日:2014/04/21

イマドキ女子薬剤師事情~「薬剤師のサプリ事情」について

MMPRで行った薬剤師へのリサーチ結果について、薬剤師の紗耶華がコメント。

第3回目テーマは「自身が服用しているサプリ、患者さんにお勧めしたいサプリ 」についてみてみましょう。


◆・◆・◆・◆・◆

◆ 薬剤師とサプリの関係

ご自身のサプリメントの服用状況や、お勧めしたいサプリメントに関するアンケート結果を見た時、私はビックリ。

「えっ?嘘でしょ?」

私が驚いた、アンケート結果を見てみましょう。

20~30代女性で、自身が服用しているサプリ 「特になし」が、30.0%。

患者さんに勧めたいと思うサプリ 「特になし」が、27.8%。

自身の服用も、勧めたいサプリも、共に1位が「特になし」。薬剤師とサプリの関係は、これが現状なのですね…。

薬剤師自身が服用しているサプリを見ると、1位はビタミンCで、28.9%。

次に、マルチビタミン(26.7%)、ビタミンB群(25.6%)、コラーゲン(13.3%)と続きます。

アスタキサンチン・α-リポ酸、グルコサミンの服用者となると、どれも0%。

一方で、グルコサミンについては、11.1%の方が「患者さんに勧めたいサプリ」として名前をあげています(*掲載の関係上、上位3製品と「特になし」の項目に絞り表示しています)。

また、CoQ10やEPAも、服用している方は少ないものの、「勧めたいサプリ」としては上位でした。

今回のアンケートの回答者は、若い女性薬剤師さんたち。ご自身のサプリ服用状況と、勧めたいサプリが違うのは、【美】への願いと、【健康】への気遣い、という違いでしょうか?

この点も、興味深く思います。

グルコサミンやコラーゲンについては、「体内で消化されるので、服用しても効果はない。」という意見も多くあります。

が、消費者庁が平成24年4月25日に発表した、食品の機能性評価モデル事業の結果によれば、グルコサミンは、変形性膝関節症の症状改善に対し『Bランク( 適切な摂取によって効果があるかもしれない)』とされています。

以前お話を聞いたDrによると「効く人には効く!!3ヶ月の連続服用で効果を感じる。効果がない場合はやめる。でも試す価値はある。」と現場の意見でした。

◆・◆・◆・◆・◆

◆「セルフメディケーション」を目指して

実は私は、サプリメントが大好きです。

何がいいのか、どんな方にどのサプリを勧めるべきなのか、試行錯誤しています。

また、私自身も、幾種類かのサプリを服用しています。

正直、質が良くないサプリもあります。中には「あれにも効く、これにも効く」とのうたい文句で、「そんな魔法のサプリがある訳ないでしょ」と言いたくなるものも…。

でもこんな状況だからこそ、薬剤師は専門的な知識を基に、自信をもって、質の良いサプリを、必要としている方にお勧めしていくべきではないでしょうか?

昨年、閣議決定された『日本再興戦略』の中では、国の主要政策として「セルフメディケーションの推進」が挙げられています。サプリの機能表示も検討されているようです。

今後は、サプリの需要も増えていくことでしょう。

私たち薬剤師が、自分に出来ること、他から求められていることを、見極める時期かもしれません。



「薬剤師3分トピックス イマドキ女子薬剤師事情」に関する関連資料

・イマドキ女子薬剤師事情~「自身が服用しているサプリ、患者さんにお勧めしたいサプリ 」(上述)



アンケートモニタのご登録は こちら よりお願い致します。

【調査結果へのリンク・結果の引用・転載について】本調査へのリンクはフリーですので、薬剤師の方にぜひご紹介ください。
なお、データを転載・引用する場合は、薬剤師調査MMPRの調査であることを明記してください。