薬剤師調査MMPR

Report : 薬剤師3分トピックス

掲載日:2014/03/19

Twitterの話題チェック 可愛いお薬手帳が欲しい!

薬剤師調査MMPRでTwitter上の「お薬手帳」の”つぶやき”について分析してみました。
調査は2014年3月13日から3月18日までの期間で、「お薬手帳」というキーワードがある”つぶやき”を抽出しました。

件数をカウントした結果、6日間で635件の”つぶやき”がありました(この中には、薬剤師の方のつぶやきも一部含まれます)。

この”つぶやき”の内容からお薬手帳に対するポジティブなキーワードを抽出すると、1位、2位、7位に「可愛い」というキーワードがあり、「可愛い」に関する”つぶやき”合計22件ありました(図参照)。お薬手帳ポジティブランキング
そのコメントを要約すると、
  • 可愛いお薬手帳がもらえて良かったというコメント
  • リラックマ、たれぱんだなど具体的なキャラクター名のお薬手帳が欲しいというコメント
  • 今のお薬手帳(普通のタイプ)を早く終えて、可愛いお薬手帳が欲しいというコメント
など、ポジティブなキーワードの上位には、お薬手帳の主たる機能(目的)である「相互作用や重複投薬の防止」のコメントでは無く、「可愛いから欲しい、利用したい」というコメントが目立ちました。
しかし、「可愛い」という理由からお薬手帳を利用してもらえることで医療従事者が「相互作用や重複投薬の防止」に関与でき、結果的に目的が達成できます。

この”つぶやき”の件数が多いのか少ないのかは、このデータだけでは判断できません。
また、Twitter上のコメントであるため比較的若い世代の意見であること、また「可愛い」というコメントからも女性の意見と推察され、限定した患者層の意見であることも事実です。

しかしながら、他の世代や性別等においても「相互作用や重複投薬の防止」といった主たる機能のメリットではなく、他の機能に魅力を感じてもらうことでお薬手帳の持参につながり、結果的に本来の目的達成につながっていることもあるのではないでしょうか?

また、参考になりますが「防災型お薬手帳」をPRする”つぶやき”もありました。静岡県薬剤師会が「お薬手帳企画・制作協議会」を設置し、2012年3月に「平常時の医療現場はもとより、発災時にも活用できる手帳」として作成されたもので、お薬手帳の活用方法の一つです。


薬剤師調査MMPRでは、お薬手帳をより効果的に活用していくために、会員の薬剤師間で共有する「お薬手帳の啓発トーク集」を一緒につくりたいと考えております。
Myアンケートページ(会員限定)で、募集・共有をしておりますので是非ご協力をお願い致します。

なお、会員の方でMyアンケートページに「お薬手帳の啓発トーク集」のアンケートが表示されていない方は、こちらよりその旨のご連絡をお願い致します。

アンケートモニタのご登録は こちら よりお願い致します。

【調査結果へのリンク・結果の引用・転載について】本調査へのリンクはフリーですので、薬剤師の方にぜひご紹介ください。
なお、データを転載・引用する場合は、薬剤師調査MMPRの調査であることを明記してください。