薬剤師調査MMPR

Report : 薬剤師3分トピックス

掲載日:2014/03/04

2014年3月、「病院」の薬剤師の仕事は?

トピックス

2014年3月に、病院勤務の薬剤師の仕事は、
■患者さんへの取組で「入院患者への服薬指導」「各種掲示の実施、糖尿病教室の開催など」
■管理業務で「診療報酬改定の準備、ジェネリック見直し」、「在庫管理・棚卸」


薬剤師調査MMPRの調査結果から色々なトピックスをご紹介!
今回は病院に勤務する薬剤師に実施した「2014年3月の仕事(業務)」についてご紹介致します。

調査概要

調査方法  :インターネット調査
調査対象  :薬剤師調査MMPR会員(薬剤師)
有効回答数 :95サンプル
調査期間  :2014年2月5日から2月26日

調査結果

病院の薬剤師の方を対象に、患者さんへの取組と管理業務で、2014年3月に実施する業務(予定している業務)について自由記述のアンケートを実施しました。

自由記述の結果から頻出するキーワード(単語)を抽出すると、

患者さんへの取組で、「入院患者への服薬指導」「各種掲示の実施、糖尿病教室の開催など」
管理業務で、「診療報酬改定の準備、ジェネリック見直し」、「在庫管理・棚卸」

などの回答が多くありました(図1、図2参照)。

実際の回答内容として、「入院患者への服薬指導」では、
・院外処方を推進して調剤業務を減らし、入院患者の服薬指導をより充実させる。
・クリニカルパス入院患者への術前期間での服薬指導
・内服忘れを改善するために、服薬カレンダーを作成し、その使用を院内入院患者に広めていく。
・入院患者の不眠時薬の服用が少なくなるように説明を行う予定
・退院患者へのお薬手帳の配布

「各種掲示の実施」では、
・花粉症治療のお知らせを掲示する
・禁煙ポスターの掲示と勉強会開催
・インフルエンザが流行るため、手洗い、うがいの掲示物を掲示する。
・インフルエンザ罹患数・割合の統計掲示
・後発薬品の推進ポスターの掲示
・診療報酬改定に向け、自己負担の変更になる部分をポスターで掲示する

「診療報酬改定の準備」では、
・診療報酬改定の部内周知
・採用薬品の見直し
・薬価改定に向けて薬品在庫を絞る

などの回答がありました。

お薬手帳については、平成26年度診療報酬改定の「主治医機能の評価」において、
診療報酬改定_主治医機能の評価

患者は受診時に薬局発行のお薬手帳又は当該医療機関発行のお薬手帳を持参すること。
その際、医師はお薬手帳のコピーをカルテに貼付する等を行うこと。

が追加されました(出典:平成26年度診療報酬改定の概要(平成26年2月12日版) 厚生労働省保険局医療課作成) 。

お薬手帳は今後も重要なツールになりそうです。

診療報酬改定の情報は、「デキる管理薬剤師ラボ」でもご紹介しております。ぜひ、ご覧ください。

以下は、参考の図です。

図1 病院勤務の薬剤師の「患者さんへの取組」
病院勤務薬剤師 患者さんへの取組


図2 病院勤務の薬剤師の「管理業務」
診療報酬改定の準備、在庫管理、棚卸など

アンケートモニタのご登録は こちら よりお願い致します。

【調査結果へのリンク・結果の引用・転載について】本調査へのリンクはフリーですので、薬剤師の方にぜひご紹介ください。
なお、データを転載・引用する場合は、薬剤師調査MMPRの調査であることを明記してください。