薬剤師調査MMPR

Column : 連載コラム

掲載日:2013/09/13

vol.40 「介護福祉経営士2級」の資格認定試験

以前に介護福祉経営士の資格の話を致しましたが、2013年4月21日(日)に第1回目の「介護福祉経営士2級」の資格認定試験が行われ、415名が受験し193名が合格しました。合格率46.5%でした。合格者は、一般社団法人日本介護福祉経営人材教育協会への入会登録申請後、審査を経て「介護福祉経営士2級」資格の認定を受け、認定証が交付されます。なお、第2回目の資格認定試験は9月29日(日)、第3回目は2014年2月16日(日)に実施されます。そして介護福祉経営士2級認定者が受験できる「介護福祉経営士1級」の資格認定試験は、2014年度から実施される予定です。
第1回目の資格認定試験の合格者の男女比は、男性81.9%、女性18.1%、業種で見ると介護施設・事業所54.9%、金融機関17.6%、医療機関7.3%、一般企業3.1%でした。金融機関でも興味があることが伺えます。保有資格(複数回答なので100%にならない)ですが、ケアマネジャー32.6%、介護福祉士26.9%、介護士20.7%、ファイナンシャルプランナー20.7%、社会福祉士18.1%でした。介護・福祉関係の方がマネジメント能力を学びたいと思っておられることが伺えます。介護福祉経営士2級の資格認定試験の受験資格に年齢、学歴、国籍等の制約はありません。薬局の事務スタッフのステップアップにも活かせます。新たな認定資格として検討ください。
介護福祉経営士2級資格認定試験の試験内容(全40問/60分)
<介護福祉経営学基礎Ⅰ>
介護福祉政策概論、介護福祉経営史、介護福祉関連法規、介護福祉の仕組み、
高齢者介護と介護技術の進歩、介護福祉倫理学
<介護福祉経営学基礎Ⅱ>
医療を知る、介護報酬制度/介護報酬請求事務、介護福祉産業論、多様化する介護福祉サービス 

アンケートモニタのご登録は こちら よりお願い致します。